【完全保存版】キャンプツーリング・ソロキャンプの持ち物リスト

キャンプツーリング・ソロキャンプ道具の持ち物リスト

 

今回はキャンプツーリング持ち物リスト、ソロキャンプ持ち物リストを紹介する。

 

キャンプツーリングやソロキャンプ、ファミリーキャンプに行く時のキャンプ道具って、準備するのが結構大変。

 

キャンプ場で、

「あ~、アレがない!」とか

「これがあったらよかったなぁ」など、

キャンプ道具の持ち物が不足することが多々ある。

 

逆に、「コレ持ってきたけど、不要だった」など、

余計に持って行ったりすることもある。

 

ここではキャンプツーリング持ち物リストと、ソロキャンプ向け持ち物リストをカテゴリ毎に紹介する。

 

 

カテゴリ毎のキャンプツーリング持ち物リスト

貴重品

忘れてはならない超重要な持ち物リスト。

私の場合、ETCカードは車に入れたままなので、意外と忘れやすい。

キャンプツーリング行く前に、車からETCカードを取り出さないといけない。

  • スマホ
  • スマホ充電器
  • モバイルバッテリー(事前充電も忘れずに)
  • 財布(お金、クレジットカード)
  • ETCカード(車に入れたままだと、意外と忘れやすい)
  • 健康保険証(念のため、旅先で病院行ったとき用)

 

更新作業

持ち物リストではないが、キャンプツーリング行く前にやることリストを紹介する。

 

  • スマホナビはアプリ更新
  • バイク専用ナビは地図データ更新(地図データの値段が高いので、基本は更新しない)
  • インカムのファームウェア更新
  • レーダーのGPS取り締まり位置データ更新

 

テント、タープ関連の持ち物リスト

過去に一度、キャンプツーリングに出発して、キャンプ場でテント張ろうとしたときに

「テントを忘れた」

事に気づいてしまった。

キャンプツーリング行くなら、テントは超重要。。。

 

  • テント(インナーテント、フライシート、ポール)
  • グランドシート(テントの一番下に敷くシート)
  • インナーシート(インナーテント内に敷くシート。片面アルミのシートが多い)
  • ペグ
  • ペグハンマー
  • タープ(タープ用ポール)

タープは、必須ではないが、雨の日に重宝する。

 

寝具関連の持ち物リスト

  • マット
  • シュラフ
  • シュラフカバー(シュラフをテント内の結露から守る、防寒対策)
  • シュラフシーツ
  • まくら

 

リビング道具

 

  • イス
  • テーブル
  • ランタン
  • ヘッドライト
  • 電池式ランタンの場合は電池(エネループ等の充電電池は充電しておく)
  • ランタンスタンド(フック)
  • サンダル等のくつろぎシューズ(バイク用ブーツだと脱いだり履いたりが大変)

 

キッチン関連の持ち物リスト

  • バーナー
  • カセットガス
  • スキレット(100円ショップでも十分使える。肉焼いたり魚焼いたり。)
  • コンパクトダッチオーブン(鍋したりスープ作ったり)
  • クッカー(コッヘル)
  • ライスクッカー、飯ごう。(メスティンで十分)
  • ウォーターボトル、ウオータータンク
  • ライター、チャッカマン
  • 軍手
  • 包丁
  • まな板
  • 食器(シェラカップ、皿)
  • カップ
  • 箸、スプーン、フォーク
  • おたま、しゃもじ
  • コーヒー、紅茶
  • 調味料セット(塩、コショウ、醤油、一味など)
  • アルミホイル(何かと使える)
  • ふきん(台拭き)
  • ゴミ袋
  • 洗剤
  • スポンジ
  • たわし

 

食材リスト

食材の持ち物リストは、個人の好みが強い。

塩、塩コショウ、しょうゆ、だし系(だしの素、白だし、コンソメ)は必須かな。

だし系は、あると料理の味が、グンと上がる。

 

  • 塩コショウ
  • 醤油
  • ポン酢
  • 白だし
  • 一味
  • 七味
  • みそ
  • 乾燥わかめ
  • わけぎ(味噌汁用のきざみネギ)
  • だしの素
  • コンソメ(スープ作る場合)
  • 焼肉のタレ
  • コーヒー
  • 紅茶
  • バター
  • パン
  • お米(意外と忘れやすい)
  • お菓子

 

焚き火道具の持ち物リスト

たき火道具は、必須ではないけど、

あるとワンランク上のキャンプ時間を過ごすことが出来る。

薪は、キャンプ場で購入したり、キャンプ場で落ち枝や松ぼっくりを拾って調達する。

たき火で、お湯を沸かして、たき火を見ながら、飲み物を飲んだり。

焚き火があると、キャンプを、まったりと過ごすことが出来る。

ただし、焚き火の道具は必須ではないので、バイクの積載に余裕があれば持っていきたい。

 

最近は、コンパクトで軽量な焚き火台が多数販売されているので、

焚き火はキャンプ遊びとしておすすめ。

 

  • 焚き火台
  • 火バサミ
  • 蒔き(現地調達可能)
  • 軍手
  • うちわ
  • 着火剤
  • なた
  • スコップ
  • バーベキューなら網

 

衣類

キャンプ場の夜は、結構寒くなるので、防寒道具は必須。

夏のキャンプは、夜が過ごしやすいので、防寒対策は不要だが、春や秋(冬は当然)では、防寒対策必須。

  • 着替え
  • インナーシャツ
  • 下着、靴下
  • 寝巻き(部屋着)
  • 防寒着(キャンプ場の夜は寒い)
  • ネックウォーマー
  • 帽子
  • ブランケット
  • てぶくろ

 

温泉セット

キャンプツーリングの醍醐味は、旅先で入る温泉。

私の場合、温泉に入るために、キャンプツーリングに出かけているようなもの。

温泉は、ツーリングの疲れを癒してくれる最高のひと時。

  • タオル2枚以上
  • シャンプー
  • リンス
  • 石鹸
  • 耳かき
  • 爪切り
  • 綿棒

 

 

あると便利な小物グッズの持ち物リスト

  • 防虫スプレー
  • 蚊取り線香
  • 洗濯バサミ
  • ひも、ロープ
  • 石けん、洗剤(長期のキャンプツーリングだと、自分で洗濯したりするため)
  • 折りたたみバケツ(ゴミ箱や食器漬けたり)
  • 歯磨きセット(歯ブラシ、歯磨き粉)
  • トイレットペーパー
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • キッチンペーパー
  • ジップロック(余った食材入れたり、小物整理など)
  • 爪切り
  • 耳かき
  • 新聞紙
  • ノート、ペン
  • ヘッドライト
  • 保冷バッグ(スーパーで買い出しした飲み物と無料でもらえる氷を入れる)

 

 

緊急時道具

  • 救急セット(ばんそうこう、かぜ薬、解熱剤、胃腸薬)
  • かゆみ止め
  • 虫除けスプレー
  • 折りたたみ傘
  • 雨具

 

 

趣味

  • カメラ(スマホでも写真撮れるが、よりよい写真を求める方は、ミラーレスや一眼レフカメラ)
  • 本(暇なときに)
  • ボール(ファミリーキャンプの場合)
  • 虫捕り網、かご(ファミリーキャンプの場合)

 

 

キャンプツーリング向けバイク関連用品の持ち物リスト

  • タンクバッグ
  • ツーリングマップル
  • ナビ(スマホナビ)
  • パンク修理スプレー
  • 工具(バイクメンテナンスでいつも使用している工具。)
  • タイラップ(緊急時用に何かと使える)
  • レインスーツ
  • バイクのスペアキー(意外と重要。キーを紛失すると大変なので、スペアキーを持っていこう)
  • 夏用、冬用グローブ
  • 自賠責保険証明書(基本はバイクに収納済み)
  • バイクカバー(夜の結露防止、レジャーシートでも代用可)
  • 曇り止め(ヘルメットのシールドが曇らないように)
  • ハンドクリーム(長時間走ると、意外と手が乾燥する)

 

 

キャンプツーリングに出発する前の最低限のバイクメンテナンスリスト

  • タイヤの空気圧チェック
  • エンジンオイル(1年間交換してなかったら、交換しよう)
  • ブレーキ、ウインカー、ヘッドライト点灯チェック
  • チェーンオイルの油さし
  • ヘルメットのスクリーン掃除

以上が、キャンプツーリング持ち物リストとソロキャンプ持ち物リスト。

人それぞれ、キャンプツーリングや、ソロキャンプの持ち物リストがあるので、

必要なもの、不要なものを選択して、忘れ物を無くそう。

今後も、気づいたキャンプツーリング持ち物リストを更新していく予定。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です