値段が安い、しかも全室広くて快適、耐水性も十分、収納時もコンパクトで、コストパフォーマンス最高のツーリングテント「ツーリングドームST」を紹介する。

 

概要

コールマンの大人気ツーリングテント「ツーリングドームST

1~2名用のテント。

 

メリット

最大のメリットは価格。

全室の広さ、インナーテントの広さ、耐水性、十分な機能がそろっていて、値段が安い。

コストパフォーマンスは最高にいい。

 

キャンプツーリングで雨に遭遇することは必ずある。

このツーリングテントSTは全室がとても広く、全室でイスを置いてリラックスできるスペースがある。

全室で料理することもできる広さがあるので、

 

雨の日でも快適にキャンプ場で時間を過ごすことができる。

 

晴れている日は、フライシートの入り口部分をタープにすることで、開放的なリビング空間ができる。

 

インナーテントも1~2名用となっているので、一人で使用して、ヘルメットやグローブ、バイクジャケット、バイクパンツなどをテント内に置いても、寝るスペースは十分に確保できる。

 

インナーテントは、メッシュとフルクローズをチャックで開閉できるので、夏場はメッシュにして、夏以外はフルクローズにできる。

収納時のサイズは 23×54cm と比較的コンパクトなので、バイクに積載しやすいこともメリット。

 

基本情報

●フライ材質:75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)
●インナー材質:68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
●フロア材質:75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)
●ポール材質:FRP
●使用サイズ:約210×120×100(h)cm
●収納時サイズ:約直径23×54cm
●ポールメインサイズ:約直径8.5mm×2
●ポールフロントサイズ:約直径9.5mm×1
●重量:約4.4kg
●耐水圧:約1500mm
●フロア耐水圧:約1500mm
●定員:1~2人用
●仕様:前室、メッシュドア×2、ストームガード、ベンチレーション、メッシュポケット
●付属品:ペグ、ロープ、キャリーバッグ
●原産国:中国

 

デメリット

冬場はちょっときびしいかも。インナーテントをフルクローズにしてもやっぱり寒いので、暖かいマットとシュラフ、衣類などの防寒対策が必要。

収納はコンパクトだが、重量4.4kg が少し重い。バイクに積むことを考えると、そこまで問題ではないかなと思う。

 

まとめ

収納サイズがコンパクトで、全室が広く、インナーテントも十分な広さがあり、快適なキャンプを過ごせるテント。

テントの機能としては十分そろっていて、しかも値段が安い。

コストパフォーマンス最高のテント。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です