キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)のシルバーキャンピングマットは、ほんと価格が安い。

傷がはいっても問題ない頑丈さ。

使用時は広げるだけ、収納時は丸めるだけの超お手軽さ。

今回は格安の「シルバーキャンピングマット」を紹介。

 

 

基本情報

●製品サイズ(約)/180cm×60cm×厚さ8mm

●材質/ポリエステル(アルミ蒸着)、発砲ポリエチレン

 

 

概要

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)というキャンプメーカの商品。

キャンプマットの名前は

シルバーキャンピングマット

通称、「銀マット」。

長さは 180cm で、厚みは 8mm。

 

 

メリット

とにかく安い。

格安なのに、長さは 180cm で、厚みは 8mmなので、普通に使用できるので、コストパフォーマンスに優れたキャンプマット。

使用するときは、さっと広げるだけ。

収納するときは、丸めるだけの超お手軽さが人気

 

価格が安いので、汚れたりしても、あまり気にしないメリットもある。

素材がポリエチレンなので、高価なエアーマットと比較すると、キズなどの穴あきを心配する必要がない。

キズが入っても、雑に扱っても問題ない頑丈さがある。

 

頑丈なので、キャンプツーリングのヘッドライト付近のフロントキャリやリアキャリアに積んでいるツーリングキャンパーを良く見かける。

ハーレーなどの大型アメリカンバイクのフロントに銀マットを括り付けているライダーもいたりして、ちょっとかっこいいなと思うことがある。

銀マットは旅に出ている感じが強く、バイクに似合うので、愛用しているツーリングキャンパーが多くて人気。

 

 

マットの厚さについて

厚さは 8mm なので、薄くもなく、厚すぎでもなく、ちょうどよい厚さなので、問題なく睡眠がとれる。

 

 

銀マットの使い方

銀マットの片面(銀色の部分)はアルミ素材になっていて、

アルミ素材は熱を反射してくれる。

 

これを利用して、

夏はアルミ(銀色)を下に向けて、地面からの熱を地面に反射させて、体に余計な熱を加えないようにする。

冬は寒いので、アルミ(銀色)を上に向けて、自分の体から発している熱を自分に反射させることで暖かくなる。

銀マットの使い方は

夏はアルミ(銀色)を下に向けて涼しく

冬はアルミ(銀色)を上に向けて暖かくする。

 

 

デメリット

収納サイズが大きい。

高価なエアーマットと比較すると寝心地は劣る。

 

 

まとめ

コストパフォーマンスに優れたキャンピングマット。

格安で、しかも使用するときは超お手軽、穴あきの心配など不要な頑丈さ、旅に出ている感じの見た目など、銀マットファンには魅力がおおいキャンプマット。

バイクに似合うマットなので、キャンプツーリングにおすすめのマット。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です