やっぱりコンビニでも入手可能なカセットガス式のコンロは超便利。折り畳み式でコンパクト。

今回は「SOTO レギュレーターストーブ」の紹介。

 

概要

「SOTO レギュレーターストーブ」は、キャンプメーカー「SOTO」のカセットガス式コンロ。4本のごとくで安定感があり、折り畳み式でコンパクト。

 

メリット

「SOTO レギュレーターストーブ」のメリットは、カセットガス式であること。

ガスが切れても、コンビニやスーパーでカセットガスを入手することができるので、超便利。

キャンプツーリングで旅にでた時や、2泊以上のキャンプツーリングでは、カセットガス式のコンロが絶対におすすめ。

 

キャンピングガスだと、ガス切れした場合に入手するのが困難。

キャンピングガスの入手は、キャンプ道具を販売しているショップを探さないといけないし、ショップまで距離が長かったりと、結構大変。

 

やっぱりカセットガス式が最強。

 

4本のごとくなので、大きめの鍋を置いたり、小さめのシェラカップを置いたりしても安定感がある。

また、折り畳み式なので、収納時はコンパクトになり、収納場所を取らない。

 

私はキャンプツーリングを始めたころから使用しているが、キャンプツーリングではメインのコンロとして現在も大活躍している。

ファミリーキャンプでも「SOTO レギュレーターストーブ」を持っていき、サブのコンロとして使用している。

キャンプツーリングでもファミリーキャンプでも使えるので、とても重宝している。

 

レギュレーターが付いているので、寒い冬でもカセットガス内の液体ガスが気化しやすく、安定した炎を出力してくれる。

 

使用感

大きな五徳で、しかも4本五徳なので、とても安定感あり。

 

基本情報

●サイズ(mm):幅170×奥行150×高さ110(使用時、本体のみ)、幅140×奥行70×高さ110(収納時、本体のみ)
●重量:350g(本体のみ)
●発熱量:2.9kw(2500kcal、ST-760使用時)
●使用時間:約1.5時間(ST-760使用時)
●使用燃料:SOTO専用容器(ST-760、700)
●点火方式:圧電点火方式
●付属品:専用収納ケース
【パワーガス】
●入り数:1本

 

デメリット

そんなにデメリットは無いなか。

さすがに私は10年近く使用しているので、イグナイター(着火装置)が故障した。

最近の「SOTO レギュレーターストーブ」は、ステルスイグナイターといって、イグナイターが装置に内蔵され、故障頻度が激減し、着火装置も向上している。

 

まとめ

4本五徳で安定感があり、折り畳み式でコンパクト。しかもコンビニやスーパーなどで入手できるカセットガス式なので、超便利。

ファミキャンでも使用できるので、絶対におすすめのコンロ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です