超コンパクトな飯ごう「メスティン」の紹介。

キャンプ場でちょっと悩むのが、ご飯を炊くクッカー。

ライスクッカーにしようか、飯ごうにしようか、鍋で炊くか。

ライスクッカーは大きめサイズなので、場所をとるからなぁ。

とか考えると、やっぱりメスティンになってしまう。

 

私がいつも愛用している超コンパクトな飯ごうの紹介。

今回はキャンプツーリングおすすめのメスティンを紹介する。

 

商品名は「メスティン」。

概要

メスティンとは、「トランギア」というメーカーがリリースしている飯ごうの商品名。

世界最小らしい。

素材はアルミで、メスティン特有の長方形の形が特徴。

サイズは2種類。

メスティンは米2合用

ラージメスティンは米3合用

コンパクトな設計なので、キャンプツーリングおすすめ。

基本情報

●収納サイズ:17.5×9.5x7cm

●重量:165g

 

メリット

メスティンの飯ごうは、やっぱり超コンパクトな所が最大のメリット

 

ライスクッカーは大きいし邪魔になるので、キャンプツーリングやソロキャンパーの行き着くところはやっぱりコンパクトなメスティン。

私がキャンプツーリングを始めたころから、ご飯を炊くのにいつもメスティンを愛用している。

 

ほんとに長く付き合えるキャンプ道具の一つ。

 

キャンプツーリングで使用するのはもちろん、ファミリーキャンプするときもメスティンでご飯を炊いているので、すべてのキャンパーにおすすめできる道具。

 

メスティンでおいしくご飯を炊くコツは、

 

バーナーパットを敷くこと

 

バーナーパットが熱を広げてくれるので、メスティンの全体に熱が伝わり、おいしいご飯が炊ける。

メスティンの形は長方形の箱型でデザインがシンプル。長く使用しても飽きないデザインで良いのもメリット。

シンプルイズベストという言葉通り、シンプルなのが一番。

また、長方形の箱型なので、メスティンの中に小物を収納できるのもメリット。

キャンプツーリングのお友達はほぼメスティンを持っている大人気商品。

ただし、飯ごうという使い方ではなく、完全に調味料などの小物入れとしてのみ使用しているメンバーがいる。

そのくらい小物入れとしても使える。

 

デメリット

バリ取りが必要。

新しくメスティンを購入した場合、飯ごうの本体と蓋の淵の部分がとがってたりするので、ちょっと危ない。

紙やすりで淵の部分を滑らかにして、手で触っても痛くないように、怪我しないように滑らかにする(バリを取る)必要がある。

その他はデメリットないかなぁ。

 

まとめ

超コンパクトでおいしくご飯が炊ける飯ごう。キャンプツーリングからソロキャンプ、ファミリーキャンプでも使える、オールグラウンドの飯ごう。

デザインがシンプルで長く愛用でき、小物入れとしても使える。

持ってて損はしないので、キャンプツーリングおすすめの飯ごう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です