【バイク事故から身を守る】ボディプロテクター一覧

バイクの事故から体を守る「ボディプロテクター」を紹介する。

バイクの事故は死に直結する

車で事故した場合、エアーバッグが運転手を守ってくれたり、車のボディが外への飛び出しを防いだり、ぶつかりそうになったら、自動で止まったり。

車の安全装備はとても優秀になってきた。

しかし

バイクで事故した場合、エアーバッグ無し、事故の衝突で運転手が飛ばされる、自動で止まったりしない。などなど、安全装備がほぼ無い。

(バイク用のエアーバッグあるけど、ほぼレーサー用で、一般のライダーが付けているところを見たことない。)

つまり、バイクで事故した場合、死亡する確率が非常に高いということ。

バイク死亡事故の割合

平成30年の東京都の死亡事故を見てみると、

一番多い死亡事故は歩行者らしい。次にバイク。

死亡事故の割合

歩行者:42%

バイク:30.8%

自転車:17.5%

車:7.7%

バイク人口が一番少ないにもかかわらず、死亡事故の割合が高い。

つまり、事故ると死亡する確率が高い。

バイクの死亡事故の原因

バイクの死亡事故の原因は、基本は単独事故が多く、速度超過が原因と考えられる。また、交差点の事故も多発している。

交差点はほんと怖い。

バイクが青信号で交差点をまっすぐ進むだけなのだが、右折待ちの対向車が、バイクとの距離感がつかめず、いきなり車が右折してきたりすることがあり、交差点はとても危険。

バイク事故は突然やってくる

慎重にバイクを運転していても、車が急に右折してきたり、車が急に車線変更してきたり、最悪ケースは赤信号に気づかない車が交差点を走行したりする。

バイクの運転を慎重にしても、車側の不注意などで、突発的な事故に巻き込まれることがある。

バイクの死亡事故を防ぐ方法

バイクの死亡事故の約5割が、頭部への損傷で死亡している。

また、3割が胸部への損傷で死亡している。

(警視庁による平成30年の東京都内でのバイク事故統計)

また、死亡事故の現場では、約40%がヘルメット脱落している。

バイク死亡事故を防ぐ方法は、

ヘルメットが脱げないように、しっかり締める。

胸部プロテクター(ボディプロテクター)を使用する。

胸部プロテクター(ボディプロテクタ)一覧

ヘルメットをしっかり締めて、胸部プロテクター(ボディプロテクター)を身に着ければ、死亡事故の7割が防ぐことが出来る。

なので、死亡事故を未然に防ぐため、胸部プロテクター(ボディプロテクター)を紹介する。

コミネ KOMINE バイク CE レベル2 ボディ プロテクション インナー ベスト プロテクター アーマー

胸部プロテクターと脊髄プロテクターの一体型。

胸部を保護して死亡事故を予防でき、衝突により背中で道路を滑っても、背中の脊髄プロテクターで守ってくれる。

胸部と背中どちらも保護することで、バイクの死亡事故を高確率で防ぐことが出来る。

お手持ちのジャケットの下に着るインナータイプのボディプロテクター。脱ぎ着しやすい分割型の胸部プロテクターとCE規格レベル2認証取得の脊椎ハードプロテクターを装備。脊椎プロテクターには新型シェルを採用。3Dメッシュ製のクッションパッドを装備し、衝撃吸収性と快適性を向上。

コミネ KOMINE バイク 胸部プロテクター チェストアーマー

胸部専用のプロテクター。

いつも使用しているライダージャケットのインナーに胸部プロテクターを装着する。

胸部のみなので、窮屈感はあまりない。

胸部プロテクターにより、頭部についで、死亡事故の第二位の胸部を保護することで、バイクの死亡事故を防ぐことが出来る。

・軽くて剛性の高い次世代胸部プロテクター。 ・耐衝撃性を高める1枚式のインナーチェストプロテクター。