【初心者向け】キャンプツーリング用テントの選び方

どもども。

管理人のじゅんです。

 

キャンプツーリングでテントを購入したいけど、何を買えばいいのか、わからん。

いろいろな種類があって、どれがいいのかわからん。

などなど、

キャンプツーリングに行く場合、とても大事なのがテント。だけど、どれを選べばよいのか、とても悩ましい。

 

今回は、初心者向けのキャンプツーリングテントの選び方を紹介する。

 

 

キャンプツーリング用のテントの選び方

自立式かペグダウン式か

 

キャンプツーリング用テントの選び方で、大きく2種類のテントを選択する必要がある。

・自立式

・ペグダウン式(ワンポールテント)

(収納サイズが大きいワンタッチ式は除外する)

 

ツーリング用に限らず、ファミリーキャンプ用のテントも自立式かペグダウン式(ワンポールテント)に分けられる。

自立式のテントもペグダウン式(ワンポールテント)もメリットとデメリットがあるので、メリットとデメリットを紹介する。

 

自立式のメリットとデメリット

自立式テントの一例

ペグダウンしなくても、テントが立つ。つまり、コンクリートの上や、アスファルトにも設営できる。

・ポールを使用してテントを設営するため、重量が重くなる。

・ポールを使用するので、設営や撤収に時間がかかる。

 

ペグダウン式(ワンポールテント)のメリットとデメリット

ペグダウン式(ワンポールテント)の一例

・ペグダウンして、テント中央の1本のポールを立てるだけ。なので設営や撤収時間が速い。

・ポールが1本なので、軽量。

・ペグダウンが必須なので、コンクリートやアスファルトの上には設営できない。

 

自立式とペグダウン式の選び方。どちらのテントを選べばよいのか

どちらのキャンプツーリングテントもメリットとデメリットがあり、とても悩ましい。

長期のキャンプツーリングに行く場合は、土や芝生の上に設営できるとは限らないので、自立式の方が良い。

また、居住性や前室の広さは、自立式テントの方が優れているので、快適性重視の方は自立式テントの方が良い。

 

通常の土や芝生のキャンプ場で設営し、設営や撤収の時間を短縮したい方、設営や撤収の便利良さを重視する方は、ペグダウン式(ワンポールテント)のほがよい。

 

最近のキャンプツーリングでは、便利よさと軽量さから、ペグダウン式(ワンポールテント)をぽつぽつと見るようになってきた。

だけど、全体的にキャンプツーリングで使用するテントは、まだまだ自立式テントの方が多い。

 

なので、

設営と撤収スピードと軽量を求めるなら、ペグダウン式のテントを選ぶ。

どこでも設営と前室の快適性を求めるなら、自立式のテントを選ぶ。

 

 

シングルウォールかダブルウォールの選び方

キャンプツーリング用テントには、シングルウォールとダブルウォールの2種類あり、

重量やコンパクト性、快適性に差がある。

シングルウォールとダブルウォールとは、テント室内と、外までのウォール(壁)の枚数。

フライシートとインナーテントの2枚組は、ダブルウォール。

フライシートとインナーシートが一体となった1枚のテントがシングルウォール。

 

シングルウォールのメリットとデメリット

・生地の枚数が少ないので、軽量、かつコンパクト

・空気層のクッションがないので、結露しやすい

 

ダブルウオールのメリットとデメリット

・テント生地が2枚あるので、テント室内の温度が比較的安定する

・シングルウォールに比べると、収納サイズが大きく、重い

 

結局、シングルウォールとダブルウォールどちらがいいの?

トレッキングだと、コンパクトと軽量が最優先だけど、

キャンプツーリングの場合は、多少重くてもバイクが運んでくれるので、

収納サイズや重量のデメリットは、あまり感じない。

なので、キャンプツーリングでのキャンプ生活は、快適性を重視したダブルウオールのテントを選べばOK。

 

 

テントの収納サイズはコンパクトか

 

キャンプツーリングなので、多少大きなテントでも、バイクが運んでくれるので、問題ないと思うかもしれないが、

それは間違い。

 

キャンプツーリングに行く場合、キャンプ道具、クッキング道具、たき火道具、レインウエアやグローブなどのバイク用品、寒い夜対策の防寒着などなど

キャンプツーリングを重ねるごとに、荷物がどんどん増えていく。

 

しかし、バイクの積載量には限りがあるので、何でも積載できることはない。

 

そのため、テント、シュラフ、マットのコンパクト性はとても重要になってくる。

 

シングルウォールのワンポールテントが最小で最軽量だが、テント生活の快適性が損なわれるので、

キャンプツーリングでは、最小、最軽量を目指す必要もない。

ある程度コンパクトで、快適なテント選びが重要。

 

テント収納サイズの目安は、

大きくても、50cm×20cm×20cm くらいには、抑えたいところ。

 

 

テントの重量は軽量か

テントの重量も気になるポイント。

5kg以上のテントは重いテント。

3kg以下のテントは軽いテント。

3kg以下の軽いテントを目指したいが、テント内の居住空間や、全室の広さなど考えると、やっぱりちょっと大きくなってしまう。

 

 

テントの選び方まとめ

基本は、設営場所に左右されない自立式のテントを選べばよい。

ただし、自立式テントを選んだ場合、重量が 4kg, 5kgで、軽量でななくなる。

また、収納サイズもそれなりのサイズになってしまう。

 

芝生や土のキャンプ場でしか、キャンプできない制約を受け入れることが出来れば、

超軽量でコンパクト、設営や撤収も簡単な、ペグダウン式のワンポールテントで、ダブルウォールのテントを選べばよい。

 

ちなみに、私はいままで自立式のテントをメインで使用しているけど、次に購入するテントは、ワンポールテントを選ぼうと考えている。

やはり、ワンポールテントの両軽量とコンパクトと設営・撤収が簡単というメリットが大きい。

 

投稿を作成しました 38

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る