【初心者向け】キャンプツーリングを始める為に必要なことは、キャンプを楽しむこと

どもども

管理人のじゅんです。

今回は、初心者向けに、キャンプツーリングとは何かを紹介する。

 

キャンプツーリングとは

いろいろ定義があるが、キャンプツーリングとは、

「キャンプしながらツーリングすること」

「キャンプを目的としたツーリングのこと」

「キャンプを楽しむこと。」

 

つまり、キャンプも楽しむことができて、バイクのツーリングも楽しむことができる。楽しい事のいいトコどり。

 

北海道ツーリングや、ロングツーリングの場合など、数日間かけてツーリング行く方は、

キャンプを楽しみながら、ツーリングしていることが多い。

 

 

キャンプツーリングに最低限必要な道具とは

キャンプツーリングに必要な3点道具

キャンプツーリングに行こう!と思っても、最低限の準備が必要。

 

キャンプツーリングに必要な、テント、シュラフ、マットの3点道具は、最低限必要な道具。

 

・最優先は、テント。

・次にシュラフ。

・次にマット。

 

家(テント)の中で、掛け布団(シュラフ)と敷き布団(断熱効果)(マット)があれば、一夜を過ごすこと(キャンプ)ができる。

 

テントの選び方はこちら

 

キャンプ初心者は、自炊するためのキャンプ道具が揃ってないので、近くのお店で食事しても良い、弁当を買ってキャンプ場で食べても良い。

自炊しない場合は、キャンプ場で寝るだけなので、キャンプが容易にできる。

テント、シュラフ、マットがあれば、キャンプ場で寝ることができるので、おつまみやお酒、ビール、デザートを購入して、キャンプインしても

楽しいキャンプを過ごすことが出来る。

 

 

何を変えばよいのか

金銭的に余裕がある方は、それなりの機能性を兼ね備えた、テント、シュラフ、マットを購入したほうがよいが、

初心者のキャンプツーリングの場合は、安いテント、シュラフ、マットで十分。

 

まずは、キャンプしてみることが大事。

 

安い道具でも、一通りキャンプ道具が揃ってきたら、テント、シュラフ、マットの買い替えで、機能性のグレードを上げていけば良い。

 

初心者キャンプツーリングは、値段の安いテント、シュラフ、マットの購入から始めよう。

 

 

キャンプツーリングのメリット

宿泊費が安い。

やっぱり、キャンプツーリングの最大のメリットは宿泊費が安いこと!

無料のキャンプ場だと、無料で宿泊できてしまう。

 

一般的なキャンプ場は、テント一張りで、500円~1000円程度。

ビジネスホテルで6000円~10000円、ライダーズインでも2000円~5000円かかるので、

キャンプ場の宿泊費は、とても安い。

1泊程度なら、ホテルやライダーズインでも金銭的に問題ないかもしれないが、

1週間や2週間、1か月などのロングツーリングの場合は、金銭的にきつい。

 

なので、ロングツーリングや北海道ツーリングで1週間とかツーリング行く方は、キャンプツーリングしている場合が多い。

 

キャンプが楽しい

キャンプツーリングのメリットとして、「キャンプが楽しい」こと。

 

キャンプって、やってみると、とても楽しい。

 

スーパーに行って、地物の食材を購入して、キャンプ場で自炊して、食事する。

お酒やビール飲みながら、焚き火をしたり。

ソロキャンプの場合は、キャンプ場で、ツーリング仲間と知り合ったり。

グループツーリングは、仲間とキャンプ場でおしゃべりしたり。

 

個人的にキャンプツーリングで一番好きなのは、地物の食材を頂くこと

 

ツーリング先の地元で獲れた魚介類など刺身で食べたり、お肉を焼いて食べたり

珍しい食材を見つけたら、購入してみたりして、お酒と一緒に夜ご飯を頂く。

 

ほんと、食事がおいしい。

 

「かつおのたたきは、高知県で食べるのが一番おいしい!」

など、地物の食材がほんとにおいしい。

 

基本は、ソロでキャンプツーリングに出かけて、おいしい食材を探して

キャンプ場で自炊して、まったり時間を過ごしている。

仲間とキャンプツーリングに行くこともあり、焚き火を囲んでおしゃべりしたりして楽しい時間を過ごす。

 

ソロのキャンプツーリングでも、グループのキャンプツーリングでも、どちらも楽しさがある。

 

 

 

キャンプツーリングのデメリット

キャンプ道具が高い

キャンプ道具の値段が高い。

まとめてキャンプ道具を揃えようとすると、莫大な金額がかかってしまうので、

まず最初は、少しずつ、キャンプ道具を増やしていくこと。

 

積載量が多い

通常のツーリングに行く道具に加えて、テント、シュラフ、マットの最低限のキャンプ道具と、自炊用のキッチン道具、焚き火台、イス、テーブルなどなど

キャンプ道具が盛りだくさんある。

ツーリングバイクの積載量にも限りがあるので、コンパクトで且つ、必要なキャンプ道具を揃えてキャンプツーリングに出かけよう。

 

 

まとめ

一人のキャンプツーリングでも、仲間と一緒のキャンプツーリングでも、まずは、始めてみること。

キャンプツーリングを始めて、キャンプが楽しい、食事がおいしいと感じてくると、キャンプ道具を揃えていって、

快適キャンプ生活を送ることが出来る。

 

キャンプは楽しいので、ソロでも、仲間でも、キャンプツーリングはおすすめ。

 

投稿を作成しました 41

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る