【キャンプツーリング初心者必見】これだけは買っておけ!キャンプ道具の必須アイテム3点

どもども、管理人のじゅんです。

今回は、初心者向けに、最低限必要なキャンプ道具を紹介する。

 

ツーリングキャンプを始めてみようかなという方や、

ファミリーキャンプを始めてみようかなという方など

初めてキャンプに行く方は、最低でも3大キャンプ道具を準備する必要がる。

言い換えると、3大キャンプ道具さえあれば、キャンプができる。

 

 

 

最低限必要な3大キャンプ道具とは

キャンプを始める方に、まず最初に準備する必要のある、最低でもこれだけは必須の3大キャンプ道具とは、

 

1.テント

2.シュラフ(寝袋)

3.マット

 

の3つ。

最低でもこの3つは、必ず準備すること。

 

順番に説明していく前に、まずは衣・食・住について。

 

 

衣・食・住の「住」が大事

「衣」に関して

衣類は既に皆さんが持っているので、持っている衣類を準備すればよい。キャンプ場は山が多く気温も下がりやすいので、暖かい服装を準備すること。

 

「食」に関して

食事は外に食べいったり、弁当を購入してキャンプ場で食べたり、一緒に行っている仲間に任せたりできるので、クッキング用品やコンロは無くても問題ない。

 

「住」に関して

ここが一番大事!

特に睡眠が一番大事!

とにかく寒いと寝れない。寝心地が悪いと疲れがとれない。

寝る場所がしっかりしてないと、寝不足になって、翌日きついし、疲れも溜まって、きつい。

楽しいキャンプが、苦痛のキャンプになってしまう。

なので、快適な睡眠スペースを準備することがキャンプの必須条件。

 

3大キャンプ道具 1.「テント」について

寝る場所である「テント」は、最も重要なキャンプ道具の一つ。

雨を防いだり、風を防いだり、虫の侵入を防いだりと、家の役目をする。

いろいろなキャンプメーカーのテントがあるので、自分好みのテントを探すのも楽しい。

軽量さを求めるなら山岳用のテント、居住性を求めるなら全室の広いテント。

さらに、テントの重量、設営のしやすさ、形、色、予算、などなど自分のキャンプスタイルに合わせたテント選びが必要。

 

 

3大キャンプ道具 2. 「シュラフ」について

シュラフ(寝袋)も重要なキャンプ道具の一つ。

快適に、暖かく寝るために必ず必要。

夏場はシュラフが無くても寝れるけど、春や秋のキャンプ場は意外と寒い。

暖かいシュラフで気持ちよく睡眠をとりたい。

 

 

3大キャンプ道具 3. 「マット」について

マットも重要なキャンプ道具の一つ。

家で寝るときに、布団を敷いたり、ベッドの上で寝たりするのと同じ。

意外と「マットは無くてもいいや」と考えている方もいるが、マットはとても重要な役目を果たす。

まず夏場は地面が熱くなっているので、地面の熱が影響して暑苦しくて寝れない。

また冬場は地面の冷気が体に伝わってきて、寒くて寝れない。

ごつごつした石があったり、段差があったりしても寝にくい。

キャンプマットは、夏の暑い地熱を軽減したり、寒い地面の冷気を防いだり、寝心地を良くしたりする機能があり、絶対に必須のキャンプ道具。

 

 

格安のテントやマットやシュラフが販売されているけど、どうなの

3千円のテントに、2千円のシュラフ、千円のマットなど、

メーカーや機能、性能にこだわらなければ、格安で、3大キャンプ道具を揃えることが出来る。

 

しかし

 

はっきり言うと、格安商品を購入するのは、お金の無駄

格安商品は、

・快適性なし(冬は寒い、夏は暑い)

・収納サイズが大きい

・耐久性なし(すぐ壊れる)

・結露しやすい

メリットは、経済面だけ。

まったく快適でないので、おすすめしない。

 

テントとマットに関しては、それなりの機能や快適性を備えた物を選んでおくと、快適な睡眠がとれ、耐久性もあり長持ちし、キャンプが楽しくなる。

 

 

まとめ

家の中で布団やベッドで寝るのと同様、テント、シュラフ、マットは最も重要なキャンプ道具。

快適に寝れるだけで、楽しいキャンプになる。

寝苦しかったり、寝心地が悪かったりすると、ちゃんとした睡眠がとれず、疲れが溜まり、キャンプが苦痛になってしまう。

なので、

・テント

・シュラフ

・マット

の3大キャンプ道具だけは、最低でも購入しよう。

 

投稿を作成しました 43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る