【キャンプツーリングおすすめテント】小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ステイシー ネスト

 

どもども。

管理人のじゅんです。

 

今回は、

「小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ステイシー ネスト」

を紹介する。

 

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ステイシー ネストの紹介

 

概要

メーカーは、「小川キャンパル」の、キャンプツーリング向けテント。

定員は2名なので、ツーリング道具をテント内に保管することができるサイズ。

前室と適度な就寝サイズがバランスの良い2~3人用ドームテント。

シリコン撥水加工ポリエステルリップストップで、耐水性を維持しながら軽量化に成功。

また、収納サイズもコンパクトで、自転車や、キャンプツーリング、ソロキャンプに最適。

 

 

小川キャンパルって

テントやタープ、ストーブなどのアウトドア用品や、防災用品で有名な、信頼度のある国内キャンプメーカー。

 

「OGAWA」だったり、「小川テント」だったり、「小川キャンパル」だったりと、

いろいろなメーカー名があるが、

小川テントが経営破綻、関連会社の小川キャンパルが引き継いだが、小川キャンパルも経営悪化。小川キャンパルからキャンパルジャパンへ、全事業並びにogawaブランドを譲受して、現在は安定している。

なので、小川テントの現在の正式メーカー名は、

「キャンパルジャパン」

ブランド名は、「Ogawa」

 

正式名称は、「キャンパルジャパン」だが、

なかなか、「キャンパルジャパン」で、ピンとこない。

「Ogawa」というブランド名があるので、

皆さんは、「小川テント」だったり、「小川キャンパル」という名称で呼んでいる。

 

 

基本仕様

重量:幕体/約1.9kg

ポール/約1.2kg

素材:フライ/シリコン撥水加工ポリエステル20d(耐水圧1800mm)

内幕/ポリエステルリップストップ68d

グランドシート/シリコン撥水加工ナイロンリップストップ30d(耐水圧1800mm)

ポール/7001アルミ合金サイズ:寝室150cm×220cm

前室幅110cm

張り上げ最大長300cm×高さ130×幅230

収納サイズ20×20×42cm

2~3人用ですがどちらかと言えば大人2名でゆったりタイプです。

加工:シームシール加工

シリコン撥水加工付属品:アルミピン

張綱

セルフスタンディングテープ

収納袋

 

 

メリット

前室が広い。

雨の日でも、前室でイスに座って料理ができる広さ。

キャンプツーリングだと、どうしても雨の日に当たることがある。

タープを持っていく方は、前室の広さにこだわりは無いかもしれないが、タープを持って行かない

キャンプツーリングの方は、前室の広さがとても気になる。

「小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ステイシー ネスト」は、晴れの日でも、雨の日でも、前室が広々しているので、

快適にキャンプ生活を過ごすことが出来る。

 

また、寝室も広々しているので、

一人で行っても、二人で就寝しても快適に睡眠をとることが出来る。

 

仲間や友達とキャンプツーリングに行っても、就寝するときは、一人が基本だと思うので、

広々した寝室に、大人一人と、キャンプ道具やツーリング道具を寝室に保管するスペースが十分にあるのもうれしい。

 

寝室が広々、前室も広々しているにも関わらず、収納サイズがコンパクト。

また、重量が1.9kg、ポールが1.2kgの合計、3.1kgと、充実な機能性を備えたテントにしては、コンパクトで、軽量。

 

 

 

デメリット

値段がちょっと高め。

平均で、約5万円。

 

 

ステイシーSTとの違い

「ステイシー ネスト」と同一形状のテントで、ステイシーSTというテントがある。

色が違うのと、コンパクトで、軽量化されている違いがある。

 

色と、収納サイズと、軽量化が違うだけで、設置時のサイズや、前室、寝室サイズは変わらない。

 

「ステイシー ネスト」の方が、コンパクトで、軽量

なので、

「ステイシー ネスト」の方が、値段が高い。

 

 

まとめ

コンパクトで軽量なので、キャンプツーリングにおすすめのテント。

多少、値段が高めなので、経済的に余裕がある方におすすめの、「小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ステイシー ネスト」。

または、寝室と前室が広くて、快適なキャンプ生活を求めるかたにおすすめのテント。

 

 

 

投稿を作成しました 43

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る